スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お雛様

我が家のお雛様は年代物。我が家に普段は収納してあるが、
飾るのは隣に住む母の家。向こうの猫は雌だしね!

003_R_20120304133148.jpg

昭和7年生まれの母は、実家が豪農でばあや、ねえや付きで育った。
母の母もこれまた豪農の娘で、そこに生まれた長女には初節句に
お雛様をあつらえて贈ったようだ。それがこのお雛様。

その頃、中国地方(岡山)あたりで流行っていたのか、多分京都あたりに
注文を出したと推測するのだが、御殿つきでとても立派だ。

道具類がほとんどないのは、私たちがおもちゃにしてしまったのかと
恐る恐る聞くと、母たちきょうだいがすでに遊んで壊したとのこと。ほっ…。

008_R_20120304133703.jpg

奥まった繧繝縁に鎮座ましますご両人もみやびやかな顔をしている。

この御殿は見事な組み立て式で、すべてバラバラになるのだが
私しか組み立てられなくなってしまった。母はそういうのに興味がないし、
姉たちも「ふ~ん」と言ってみているだけだったので、私が悩みつつ
組み立てるようになったのだ。紛失した部材も多い。

プラスティックはどこにも使われていなくて、御殿にぶら下がる花玉だって
セルロイドでできている。什器類は全部木製に漆掛け、装飾が施されている。

006_R_20120304134246.jpg

ん?この什器類に並ぶものは…。ご馳走?

005_R_20120304134430.jpg

うちのお雛様、無類の北海道フェチらしい。

「わらわの好みのものを用意してたもれ。好みは何かと?
知らぬのか!このたわけども!ばあや!ばあや!」


かくして、膳に並ぶ道産品。しゃけ、じゃがいも、毛ガニ。
おっと、忘れちゃいけない、札幌味噌ラーメン。
お雛様、お酒はどのように致しましょう?

サッポロビールに決まってるでしょっ!

膳が整えば、唯一無事に残った箪笥のお守りも必要でございましょう?

010_R_20120304135144.jpg

少年よ、大志を抱けとクラーク博士が指をさし。
鮭を加えた木彫りの熊も寄り添う。

012_R_20120304135256.jpg

北海道の動物たちも取り囲みます。
牧場から牛が、野にいるキタキツネやナキウサギが。

013_R_20120304135424.jpg

うちのお雛様はかようににぎやかに過ごしております。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なめとこやまの熊

Author:なめとこやまの熊
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。