FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分たちの手で!

宝塚市が再生可能エネルギーに対して真剣に取り組もうとしていること。
よくはわからないからなのだろうけれど、今年は勉強の年と位置付けているような…。

飯田哲也さん率いるISEPと業務委託契約を取り付けたそうだ。

で、開かれた勉強会。講演会、アドバイザリー、連続講座に引き続き行われた。
いつも思うことだけれども、こういった学習会などは「連続」にするならするで
第一回目の時に「今回の講座は連続講座で、第二回目を~、第三回目は~…」という
案内がほしい。でないと次につなげることができないし、大枠でとらえることができない。

ワークショップ 001_R

今回はどうやら「ワークショップ形式」を取るようだ。
メンバーはと見渡すと、相変わらず若手不足。せめて私たちの年代(40~50歳)が
半数を占めないといけないと思うのに、どこへ行っているのだか…。
声を上げなくてはいけない人たちの沈黙が、効率一辺倒の世の中を作っていると思う。

さて、グループワークはとりあえず始まった。
机を7か所用意して、議題をそれぞれ机ごとに決める。
「場」と「人」という二つに分けられて15分討論。
15分過ぎたら机を移動して、またその机で15分議論する「ワールドカフェ」方式。
まずは慣れるために一人1分で「近頃一番楽しかったこと」を一人ずつ話す。

…。メンバーの年齢、見てからこの題目を決めたほうが良かったよね…。
年齢が高くなればなるほど、毎日にそんな感動があるはずもなく。
みんな口ごもってしまう。「楽しいこと…?ありまへんなあ」という人もいたりして。
感動を持ち続けるお年寄りになるって、案外難しいことなんですよ。
何かに憤ったり苦情を言ったりすることは年々得意になるのだけれど、
前向きな発言が少なくなっていく。
近頃食べておいしかったもの、とかっていう質問のほうがよかったと思う。
食べものの話は世界を広げるからね!

ワークショップ 002_R

みんなはクルクル席を移動するけれど、机に一人「キーパー」が置かれて
席の移動はせずに、次の人たちにかいつまんだ説明をしていく。

「この人、人のお話し聞くの得意だから!」と、言わなくても良いのに
連れ合いが私を推したものだから、致し方なくキーパーに…。

こんなワークショップはあちこちでやられていて、すでに何度も経験済み。
慣れてるっちゃ慣れてるけど、私だって気楽に動き回りたかった。

でも、人の批判はしない、否定的なことは言わない、一人で長くしゃべらない、
という注意を受けてはいても、そんなのすっかり忘れてしまうらしい。
長くしゃべる人には人差し指を立てて「話しすぎですよ」という合図が送られる。
ファシリテーターとして席に着いたISEPの人と、その合図を送ったのは同時だった。
あのやり方はイイね!先に約束しているので、それをやったとしても場の雰囲気は壊れない。

ワークショップ 003_R

最後に各机ごとの発表があったけれど、なんか意図されていたことと
違った方向の話になっていった机もあったようだ。
行政に対する要望などを強くいう人、~はダメだと言い切ってしまう人などが
垣間見られた。そんな場ではないという最初の注意はどこかへすっとんでる。

人と人は個性の塊であり、それのぶつかり合いでもあるのだが
ディベートという行為を得意としない人たちが多い日本。
これからはもっと人の話を聞く訓練をしたほうが良いと思った。

で、当然二回目のワークショップの案内があった。今日決まったと、日にちが。

行けません。その日、こちらにはいません…。
だから言ったのに~。もっと早いうちに予定立ててもらわんと~!
思い切り不満を言いましたが、ほかのメンバーが穴を埋めてくれるでしょう。

次回のワークショップは12月8日だそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なめとこやまの熊

Author:なめとこやまの熊
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。