スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚保養キャンプ

8月4日から10日まで、宝塚の大林寺にて
春と同じく保養プログラムが始まりました。

膨大な量の食材、そして調理道具類の一式を並べると…

そこは山猫軒別邸に

私は小物類を集めるのは好きではない。
が、調理の道具はすべて用途別にそろえている。
こんな時はそれが役に立つのだが、人に貸すものはあまりない。

今回は調理員さんたちの助けを借りて料理をする。
料理にまず必要なものは、まな板と包丁。

去年の震災の時に、宝塚からは大船渡へ炊き出しに行った。
その時に持って行ったものを今回も使ってくれるという。
大きな、業務用のプラスティックまな板と包丁持参で
調理員さんたちが来てくれた。

調理員さんたちが調理する以上、間違っても食中毒など出すわけにいかない。
手の消毒剤や、手拭きのための紙タオルも持って来てくれている。
おまけに何かあった場合を考えて、検査用に出来上がった料理の一部を
冷凍保存しておくという、こちらにとってはありがたいことばかり。

今日のご飯は、花火を見に出かけるため戸外で食べてもらうことにした。

きゅうり巻、渦巻き卵焼き、人参のしりしり、鶏てん、カボチャの天ぷら。
モロッコいんげんと乾燥糸こんにゃくの煮物、プチトマトがメニュー。

「何しましょ?」
「では、これを切ってください、一口大に」
「次、何しましょ?」
「人参はピーラーで皮をむくように切ってもらえますか」
「できました。次は何しましょ?」

という感じに、サクサク仕事をこなしていく調理員さんお二人。
揚げたり焼いたり、その都度感嘆の声が上がる。

「おいしそうやなあ~!」と。

きゅうり巻をしていたら、続きをしてくれるというので任せることにした。
しかし、やったことがないって。そうか~、給食に海苔巻はないもんねえ。

そこからはみんなで大笑いしながら、海苔巻に挑戦。

うわ~!丸くならずに数字の6になった~!
え~?じゃ、今度は私が。…いや~!私も数字の6やん!

仕事から帰ったら海苔巻作ってる暇がなくて、と申し訳なさそうに言う。
そうですよね、大丈夫。これで何度かやってれば慣れてきますから、と
慰めながら、みんなでヒーヒー笑いながら作った。

出来上がったものを見本にひとつ、お弁当に詰めてみて
こんな風に詰めてもらえますか、と今度はお弁当詰めに。
追加食材を車で運んできてくれた友人も加わって、これまたにぎやかになった。

宝塚保養キャンプ 夏 033_R

合計21個作り上げて、できたもののうち二個を

「はい、これは調理員さんに」とお渡しした。

ものすごく驚かれて、次の瞬間にはとてもうれしそうな笑顔になった。
だって、作ったものを食べてみたいですよね?

夕方近くに到着した一行は、これを持って花火会場へ。
来たばかりで疲れているだろうけど、花火を楽しんでほしいと願って送り出した。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なめとこやまの熊

Author:なめとこやまの熊
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。