FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保養キャンプは続く

とにかく「よい食べものを存分に」

朝は味噌汁から始まる。小さなおかずもたっぷりと用意。
箸休めではないが、いろんな栄養のあるものを食べさせてあげたい。
たくさんの野菜を!良質の卵や牛乳を!

外出するときは「お弁当」の用意をした。

「弁当箱がないよ?」「買って持ってくるよ!」

一日のうち、最低二度は家とお寺の往復をする。
その都度、急ぐときは大きなバイク、荷物があるときは
スーパーカブで行き来した。

参道の途中にある小さな雑貨屋さんで、弁当箱を求めた。

「子どもやからね、あまり大きな弁当箱は困りますねん。」
「ここらへんに…、ああ、あった!これでどう?」

お金を払って品物を受け取ろうとした時に、ポロリと口から出た。
「実はね、いま福島の子どもたちの保養キャンプを大林寺さんでやってましてね」

そう言ったとたんに、お店のおばちゃんが

「お金、受け取れませんわ!持って行って!
よう面倒見てやってちょうだい。お願いします!」


と言って、ガンとしてお金を受け取ってくれない。

ご親切、ありがとうございます。たくさんご飯を食べてもらいますね。
そう言って、ありがたくいただいた。弁当箱ひとつの小さな親切。

こんな親切があちこちであって、ずいぶん助けられた。
ひとって、あったかい。

こうして、帰るときも弁当を持って言ってもらったので
こちらにいる間、外食は一回もさせずに済んだ。よかった!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なめとこやまの熊

Author:なめとこやまの熊
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。