スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飯田哲也講演会

3月21日 アピアホールにて飯田哲也講演会。

去年、暮れの田中優さんの講演会に引き続いての飯田哲也さん。

ふつう考えると、市が主催で「反・脱原発」を抱え上げる人を
二人立て続けに呼んでの講演会なんて、なんかものすごく反発くらって
妨害工作されるんちゃうかと心配しそうなもんだけど。

そういう意味でもよかった。市長がはっきりした態度を取っていて。

当日、本の販売をしたらと言ったところ、行政はそんなことをしたら
アカンことになっていると。そこで私たち、原発の危険性を考える宝塚の会が
販売を受け持つことになった。(そうだ。私、連絡を見落としてた!)

で、フレンドシップキルトを飾ったら、環境政策課が嫌な顔をする。
「今日は市の主催の講演会なんで、こんなのを掲げてもらったら困る」

すったもんだしたあげく、場所をずらして飾ることに。

おいしいとこどりだけして、宣伝も率先してやらずに文句だけ
言うなんて、許されまへんで~!私たちは市と一緒にやろうと
しているだけで~す。…涼しい顔してキルトを飾った。

地域力を生かしたエネルギー開発。補助金に頼らないやり方。

まさにこれから私たちがやろうとしていることではないか!

ストレステスト批判から始まった講演会は、原発の不備を指摘する
ことだけで終わったらどうしよう、そう思えるほど時間を割いていた。

しかし中盤からは、地方自治体が国に頼る甘さの指摘や
原発に依存したい人間が再稼働を進めるなど、より具体的な
話になっていったのでほっとした。

この話を聞いて、我々がこれから立ち上げるNPOも
間違っていないことを強く確信することができた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なめとこやまの熊

Author:なめとこやまの熊
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。