FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼却灰

ここのところ気になってしょうがなかったので調べてみた。

各県の焼却施設から出てくる灰の放射能濃度

汚染地図は出ているけれど、焼却灰を一覧表にしたものがない。

だいたい何で国は焼却灰の埋め立て処分のレベルを
100Bqから8000Bqまで引き上げたのか?
一気に80倍って、なに?

もともと原発から出る放射能のゴミがどんどん増えてきて
このままではパンクする、ってんで一般ごみで出してよいとしたのが
100Bqだった。クリアランスレベルってやつやね。

こんなもんが出てきたら、あちこちにセメントに混ぜられて
道路ができたり建物に転用されたりして、放射能まみれに
なってしまう。ものすごい危険や!と大反対していたのだが…。

それが80倍の8000Bq/Kgに!

ゴミは燃やせば灰になる。灰ったって、ドロドロの
塊をトラックで埋立地に持って行ったり、セメントの原料に混ぜたり。

燃やす時に煙突まわりの集塵設備から集めたのが飛灰。
炉の中の燃え残ったカスが主灰。

県の公表の仕方も、試料を取った時期もバラバラ。
それでも見ているとわかる。

ホットスポットと呼ばれる地域の灰はひどい。

東京、全般に飛灰は悪い。突出して悪いのが江戸川清掃工場。
23区、相当量の放射能が降ったことを示している。

福島県はさすがにレベルが違う。それでも地域によったら
東京なんかよりうんと少ないところがあるのも確か。

秋田はぐんと少なくなって、影響が少ないように見える。

宮城県、それなりのレベルで出てはいるけれど、意外と東京のほうが高い。

岩手も場所によるばらつきが大きいなあ…。
太平洋セメントって、瓦礫処理を進んで引き受けているところだろう?
出来あがったセメントは測ってだすんだろうなあ?
そこよりも盛岡のほうが高いのか?どうなってるんだ。

栃木県。那須塩原は…これはひどい。飛灰48600Bq。
ああ、那須13580Bq、日光16050Bq。降ったんだね…。

群馬県はやはり山間部に近づけばひどくなるのだろうか。
沼田市、とはどのあたりになるのだろう?

千葉県。これはまさにホットスポット。松戸がダントツに高いな。
続く柏市。でも、南増尾の清掃工場が別の同市にあるものよりひどい。
流山、我孫子、このあたりも騒がれているとおりだな。

茨城県は、…ここは仕方ないのか、この数値は。
空間線量はきちんと測られて、みんな対策を取っているのだろうか。

なんとなくスルーされた感じの山梨県。
ないわけじゃないんだなあ。それでも風向きか?
数百レベルで収まっているというのは。

では、隣の長野県は?
軽井沢…。避暑地もこれでは。
それよりも、嫌だ。中野市の飛灰も多いよ。
この辺りは果物の一大生産地なのに。おまけに懇意の生産者がいるのに。

なるほど。100から8000に上げたのは、
結局100なんかで収まっている地域は、東日本では
ほとんど無いに等しいということ?


この灰を埋め立てにしたり、再利用したり、これから
どう管理していくと言うのだろう。そして私たちは
どこへ向かっていくのか?

ゴミほど時代を表すものはない。その時代に出てくる、
すべての有害物質のたまり場が焼却施設なんだと思う。

このゴミの行方をずっと追いかけなくてはいけない。
本当に大変なのはこれから。そう思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なめとこやまの熊

Author:なめとこやまの熊
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。